Toggle

店舗概要

ケーキ工房 アンドンカフェとは?

初代アンドンカフェ in 高円寺

2003年東京の高円寺に初代アンドンカフェを開業した。
『旅人が集うベトナムの街角にあるカフェ』をコンセプトに、アジア料理を提供し、店内では映画が流れ、軽食からデザートまで、お茶からアルコールまで揃っており、打ち合わせに使う。ご飯を楽しむ。仲間と語り明かす、一人で本を読む、自分が過ごしたい過ごし方が出来るお店であった。
東京ウォーカーや散歩の達人などに取り上げられる人気店となったが、2008年にオーナーの都合で幕を閉じた。

二代目 アンドンカフェ In 海老名

そして2014年4月新しくアンドンカフェ海老名が開業した。オーナーが3人の娘を育てる上で、子連れで外食は苦労することが多く、ママ達が気軽に寛げる場所を創りたいと『ママ達のサードプレイス』をコンセプトにした。『サードプレイス』とは第一の場所が家、第二の場所が学校や職場としたときに、自分らしく寛げる場所として第一でも第二でもない、第3の場所を指す。ママ達が自分らしく過ごせる。そんな場所にしたかった。
『コーヒー一杯をゆっくりと飲む幸せが解る?』オーナーがカミさんに言われた言葉。子育ては24時間365日休まる事がない。子供は当然可愛いし、大好き。でもやっぱり睡眠不足の中で夜泣きされたり、イヤイヤと何でも拒否されたりすると気持ちが折れてしまう。そんな時に、ちょっと一息つける場所があれば、ママ友とちょっと愚痴ってみれば、美味しいご飯を食べてみたら、気持ちにゆとりが出来る。そんな場所になる事を願って海老名店は開業した。

3代目 アンドンカフェ ケーキ工房

2014年にオープンしたアンドンカフェは2017年10月にいくつかのトラブルがあり閉店いたしました。閉店にあたり完全にやめる。違う場所でオープンするなど幾つかの選択肢がありましたが、新しい道として店舗で人気があったデコレーションケーキとアイシングクッキーを主体とした工房にすることにいたしました。アンドンカフェ海老名では、ママが寛ぐ場所を目指しており、その中で子供を笑顔にするサービスとしてデコレーションケーキがありました。やはりケーキを見た瞬間に子供の目が輝くのを見るのはうれしい限りです。
以前から全国にケーキの販売を行っていましたが本格的に工房を作ることで、専門店とすることに致しました。こうして『想いを形にする』をコンセプトにしたケーキ工房アンドンカフェとして再スタートしたのです。

お店の名前の由来

アンドンカフェには3つの意味がある。
①And + on = And’on
Andとは英語で『組み合わせる。』『追加する。』という意味がある。ONとは英語で、『上に』『のせる』という意味がある。Andon とは一緒に上に行くという願いが込められている。
②And’onとは行燈
行燈とは古く日本で用いられた照明器具の一つ。 木や竹で角形または円筒形の枠を作って紙を張り、 底板に油皿を置いて火をともすもの。和の温かみのある光をイメージし 温もりのある場所という願いが込められている。
③And’onとは安らぎを創る
ベトナム語でanは安らぎ、donは作ると言う意味がある。 Andonとは安らぎを創る場所になるという願いが込められている。
And’on Cafeのロゴの意味
アンドンカフェのロゴは二股ソケットを表しています。
And + onの『一緒に』という願いから、二つのソケットで、 『一緒に』輝く、照らすという意味が込められている。 行灯の願いから、『ぬくもり』が灯るという意味が込められている。 安らぎを創るという願いから、自分たちが灯る事によって、光を放つ事によって 『安らぐ場所をなる』という願いが込められています。

アンドンカフェロゴ

 

スタッフ紹介

Profile image
オーナーの高田です。
僕が昔、9カ月の放浪をしていた時に、初めて訪れた街でカフェに訪れた。アラブ圏(トルコ語、ペルシャ語など)ではチャイハネと呼ばれていた。そこにはチェスを打つ人、水煙草を吹かす人、テレビを見たり友人と語らいあったり、家族団らんで過ごしていたりと、自由な空間がそこにあった。
そんな空間が居心地良くて、国が変わるごとに、街が変わるごとに必ずカフェを訪れた。人と人が繋がる場所としてのカフェを目指し、ママがのんびりと寛げる場所を目指し、アンドンカフェを開きました。
そしてもらった瞬間に笑顔になるデコレーションデザートが多くの人に届けばと『ケーキ工房アンドンカフェ』へと業態を変化させました。

Profile image
チーフパティシエ ひろちゃん
アンドンカフェ パティシエ ひろちゃんってどんな人?
・パティシエにお菓子作りを教えているプロ中のプロ
・3度の飯よりケーキ作りが大好きなケーキオタク(笑)
・ウィルトン専門教室の講師をするほど教え上手!
【経歴】
結婚式場ランキングで常に首位を占める㈱アニヴェルセルのウェディング事業部にパティシエとして入社後、製菓用品の業界大手ブランドである、米国ウィルトン社の専門教室で講師を勤める。現在は東京、千葉のスタジオやカフェと業務提携し、製菓の考案や販売、講座を行う。2017年、縁あってオーナーの高田と出逢い【アンドンカフェ】の魅力に触れ、神奈川県でも教室の開校を始める。調理師免許、食品衛生責任者保持。

営業概要

  • 営業時間
    9:00~18:00
  • 定休日
    日曜日 (GW,お盆、お正月など休業あり)
  • カードの利用
    カードはご利用頂けません。
  • 住所
    神奈川県海老名市柏ヶ谷421 雄山ビル2F
    ⇒工房への来店の仕方はアクセスをご参照下さい。
  • 電話番号
    046-233-4887
  • eメール
    pc-mail@andoncafe.com
Return Top